猫背矯正・姿勢肩こり

2022年03月19日

こんにちは!三郷中央駅前整骨院の箕輪です。

先週末から段々と気温が上がり過ごしやすい気候になってきましたね。しかし、朝晩と日中の寒暖差が激しいので体調を崩さないように気をつけて日々生活して行きましょう。

 

さて、今回は猫背について説明したいと思います。

猫背姿勢とは、肩が内巻きになっている・頭が前に出てしまっている(ストレートネック)・背中が丸まってしまっている・腰が反ってしまっているといった状態のことを言います。

 

猫背姿勢首肩の凝り・緊張性頭痛・耳鳴り・めまい・反り腰などの原因になってしまいます。肩の内巻きと背中が丸まってしまう事により肺の圧迫が起こり全身の血流量が減少してしまうので冷えや筋肉の硬さの原因にもなってしまいます。また、腹部の圧迫も起こるため胃腸の働きが悪くなり代謝量が減少することによって太りやすくなってしまったり、便秘や逆流性食道炎になってしまう場合もあります。

 

https://misato-seikotsu.com/shisei-nekoze/

 

猫背姿勢を放置してしまうと首周りの神経の圧迫によるしびれや代謝量減少による食欲不振・胃潰瘍・食道裂孔ヘルニア、円背(背中が丸まり前傾姿勢になってしまっている状態)などを引き起こしてしまうため早めの対処が必要です。

 

猫背の原因は、長時間のデスクワークや車の運転等によって胸筋に硬さが出てしまう・下を向いた姿勢でのスマホ利用デスクワークによって斜角筋胸鎖乳突筋に硬さが出てしまう・胸を無理に張り広背筋や腸腰筋によって骨盤が引っ張られて腰椎との位置関係が乱れてしまうなどがあり基本的には筋肉が骨を引っ張ってしまいそれによって別の筋肉が引っ張られたり骨と骨の位置関係が乱れてしまいそれによって猫背姿勢が作られてしまいます。

 

猫背を治すまでの期間は症状によって前後しますが当院では週2回の施術を3ヶ月間行い計24回になります。なぜ週に2回の通院が必要なのかというと、筋肉の硬さは約3日で戻り始めてしまうと言われており硬さが戻り切る前に再度柔軟性をつけることによって状態をキープすることができます。そのため週に2回の通院が必要なのです。

 

 

当院の猫背矯正コースではハーフサイズのストレッチポールに乗り、その上で首周りの筋肉肩甲骨周りの筋肉横隔膜、骨盤に対してアプローチしてゆっくりと骨の位置を戻していく施術になります。施術の前後には可動域の確認や写真によるチェックを行い1人1人に合わせたアプローチを行います。

お得な猫背矯正コースの初回体験も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。